STINDOLL UENO TOKYO

リューズの使い方と機械式について

リューズ(クラウン)はゼンマイを巻上げたり、時刻や日付合わせに使うつまみです。 デイト付きモデルの場合、リューズのポジションは画像のように4段階になります。 1.リューズがケースにしっかりとねじ込まれた状態です。このポジションが通常使用時です。 2.ねじ込みをゆるめてリューズがバネの力で浮き上がった状態です。このポジションでゼンマイの巻き上げが可能です。 3.浮き上がったリューズを一段引き出した状態です。このポジションで日付変更が可能です。 4.浮き上がったリューズを二段引き出した状態です。このポジションで時刻合わせが可能です。 ※3と4のポジションは微妙な違いですので爪の先で軽く操作して下さ …

 

続きを読む

2010/07/6 (火) | 2.Owner's Guide | No Comments

ベゼルとインデックスの種類

ベゼルとはケースに風防を固定する為の部品ですが色々と種類があります。 こちらは一般的なモデルに採用されているベゼルです。 左からスムース(ポリッシュ)ベゼル・エンジンターンドベゼル。右3つはフルーテッドベゼルといいます。 スームベゼルは3列のオイスターブレスレットと、フルーテッドベゼルは5列のジュビリーブレスレットと組み合わせているモデルが主に流通しております。 またベゼル素材もケースと同一素材の場合であったり、そうでなかったりと、色々な組み合わせパターンがあります。 ※上記以外にもたくさんの種類が存在します。   こちらは回転するタイプのベゼルです。左からサブマリーナー・GMTマスター・ヨッ …

 

続きを読む

2010/07/6 (火) | 2.Owner's Guide | No Comments

ブレスレットの種類(2)

90年代半ばよりデイトナステンレスモデルに採用されているブレスレットです。 No.78390はRef:16520の90年代半ばから後半まで採用されていたブレスレットで 二重ロックタイプ、フラッシュフィット部分の造作が別体型になっております。 No.78390AはRef:16520の生産終了前2年間程度採用されていたブレスレットで 二重ロックタイプ、フラッシュフィット部分の造作が一体型になっております。 No.78490はRef:116520から採用されているブレスレットです。 クラスプ部分の微調整用穴が表からは見えない造作に変更されており 中板も厚みが増しております。またサブマリーナーのように …

 

続きを読む

2010/07/6 (火) | 2.Owner's Guide | No Comments

ブレスレットの種類(1)

デイトジャストに採用されているオイスターブレスレットです。   No.78360はシングルロックタイプの3列つや消しブレスレットで シンプルでスポーティーな印象です。ポリッシュドベゼルとの相性は抜群です。   No.62510Hはいわゆる5列のジュビリーブレスレットです。 ジュビリーブレスレットは中3列がつや有りになっていて ラグジュアリーで豪華な印象です。フルーテッドベゼルとの相性は抜群です。   ※画像は中古品を撮影しておりますのでコマ数がバラバラです。 ※上記No以外にもたくさんの種類が存在します。   スポーツモデルに採用されているフリップロックブレスレット(二重ロック)です。 No. …

 

続きを読む

2010/07/6 (火) | 2.Owner's Guide | No Comments

ブレスレットの名称と簡単な調整

留め金の部分を「クラスプ」と呼びます。中板のカーブ角度で閉まり具合を調整出来ます。 最近のモデルの場合、クラスプ部分に空いている微調整の穴が表から見えなくなっていたり、 穴数が変更されていたり、中板の厚みが増していたりと、日々ブレスレット部分も改良されております。 クラスプの閉まり具合を調整するには指で軽く行います。 緩い場合には(1)の方向へ。堅い場合には(2)の方向へ。 どちらも、指で軽く、そしてゆっくりやる事が大事です。 あまり強く曲げますと中板が折れてしまう恐れがあります。 ブレスレットの長さは指一本入る程度が適当と言われておりますが、 手首にピッタリとフィットする方が好きというお客様 …

 

続きを読む

2010/07/6 (火) | 2.Owner's Guide | No Comments

オイスター各部の名称

ロレックスが腕時計業界に革命を起こしたと言われている三大要素が ・オイスターケース・パーペチュアル機構・デイトジャスト機構です。 OYSTER・・・・・・・カキの殻のように金属の塊を刳り貫いた頑丈なケース。防水性が高いのもこのケース形状があってこそです。 PERPETUAL・・・腕の運動を利用したゼンマイの自動巻上げ機構。一日約8時間の運動量で、その後約30時間前後動き続けます。 DATEJUST・・・・瞬時に日付が切り替わる機構 これらの要素で腕時計に「実用性」が加わり広く浸透して行きました。 またロレックス社はいち早く精度にも気を配り、スイスの公的機関、スイスクロノメーター検定協会(COS …

 

続きを読む

2010/07/6 (火) | 2.Owner's Guide | No Comments